COVID-19(新型コロナウィルス)感染拡大の影響を受け当店も非常に厳しい状況に追い込まれております。
この状態が続けば確実に存続が難しくなります。
この先事態が終息した際に、以前と同じように貴重な場が提供できますように、是非ご支援頂きたく、ドリンクチケットの販売を行うことになりました。 チケットは非常にレアなステッカーになっております。
よろしくお願いします。

 
5schedule
<<4- - 6>>






1 すうさい堂presents「シアターS」アンコール上映! 19:30 open 20:00 start - First drink 1500yen  

Fri

アンコール上映作品『エボラ・シンドローム』(1996年/98分)

香港の「スーパークレイジー極悪列伝」三部作の中で最も凶悪な作品。
殺人を犯して南アフリカに逃走したチンピラがエボラ出血熱に感染してしまうのですが、
なんと彼は一千万人に一人のエボラ耐性を持っていた!
自己中で舞い戻った香港を超元気に動き回り、「ウォーキング感染源」として街中にウィルスをばら撒きます。
で、やっぱし指名手配されちゃうんですがそういう事情なもんで、文字通り機動隊も手が出せません。
残酷ホラーというよりは不謹慎極まりないブラックコメディ。究極のエログロナンセンス。
この時期に観賞するとさらにヒリヒリします。
逆に考えれば今年以降はさすがにこんなゲテモノは作られないと思いますが、
生ぬるいハリウッド製の感染映画に比べれば「行くとこまで行ってやる!」という香港映画人の気迫が感じられる作品とも言えます。
ハーマン・ヤウ×アンソニー・ウォンの極悪タッグでお届け致します。
今後さらに忌み嫌われ封印されるであろうことは必至の怪作。

◆上映後
【commentary】
すうさい堂

【ゲストトーク】
若草山苺
秋山女史




 
15 すうさい堂presents「シアターS」 19:30 open 20:00 start - First drink 1500yen  

Fri

『デス・プルーフ(グラインドハウス・バージョン)』(DEATH PLOOF in GRINDHOUSE/2007/100分)

冒頭からおしゃれでビッチなガールズトークに始まり、果てしなく「偏差値ゼロ」のオチへ到達する、前人未到の血みどろ・ガーリー・バカ映画!ダラダラした会話劇とぶっとんだアクションの緩急のつけ方はさすがクエンティン・タランティーノ。今回はフェイクの予告編三本が加えられ本編が少々カットされた「米国公開版(日本未公開)」で上映します。タランティーノが「カセットテープ番長」のセンスを発揮しまくったサントラも最高です。オタク趣味とエンタメ性が完璧に融合した大傑作。

◆上映後
【commentary】
すうさい堂

【ゲストトーク】
若草山苺
秋山女史




 
26 BAR★TIME 20:00 -23:00 First drink 1000yen  

Tue
osake....



 
27 BAR★TIME 20:00 -23:00 First drink 1000yen  

Wed
osake....



 
29 Space-time theory 19:30 open 20:00 start - 2000yen+1drink(500yen)  

Fri


YASU EY

烏山

SCHOOLDAYS

音響/即興/improvisation....



 
31 AL Pacino 19:00 open 19:30 start - 2000yen+1drink(500yen)  

Sun


はりや

SCHOOLDAYS

naitou(烏山)